趣味探し.net

趣味探しをしたい人のためのサイト。スポーツなどのアウトドアからイラストなどのインドアまで、あなたの趣向に合わせた趣味をご紹介。男女別、年代別の人気趣味ランキングも。

趣味「コーヒー」コーヒー豆の自家焙煎で自分オリジナルのコーヒーづくりも!?

f:id:iysk-htn:20180325162330j:plainコーヒーとは、コーヒー豆を炒って出来るもので、香りや味を楽しむものです。コーヒーの種類や製法で味や香り・深みなどが変わってくるので、こだわりを持っている人も多いかと思います。今回は、こちらのコーヒーやコーヒー豆についてご紹介したいと思います。

 

【目次】

 

コーヒーの魅力

コーヒーは、焙煎して味や香りを楽しむだけでなく、健康にも良いとされている飲み物の一つです。(※砂糖・ミルクは別)料理にコーヒーを隠し味で入れる人もいます。また消臭効果もあり、香水店やたばこの灰皿などにも利用されています。

 

どんな人にコーヒーをお勧めできるか

女性に特におすすめします。コーヒーの成分が美容に良いとされており、注目商品のひとつなのです。
また、ストレスを感じている人には癒し効果もあります。ブラックコーヒーでは飲みにくいという方には、低脂肪牛乳・豆乳など入れると飲みやすくなります。

 

コーヒーに必要な道具

ミル付コーヒーメーカーがあると、自分の選んだ豆をその場でひきたてるたり自家焙煎したりすることが出来るので、美味しい味と香りを楽しみながら飲むことが出来ます。
コーヒーメーカーを買うのが勿体ないという方も、最近ではコンビニでひきたてコーヒーを飲むことが出来ます。

 

 

 

コーヒーという趣味を、履歴書・就職面接で活かすポイント

趣味欄に「コーヒー」とだけ書いていても意味が伝わりません。なので、コーヒーのどういった事に趣味を持っているのかを書いた方がいいでしょう。「コーヒーを研究する事」「美味しいコーヒーの焙煎の仕方を見つける事」「コーヒーの研究」など書き方は様々です。
たくさんの人たちの面接をしている面接官に、少しでも目を引いてもらうためには「コーヒー」だけではNGです。むしろマイナスイメージを持たれる事も考えられます。

 

コーヒーが趣味って実際の所どう?

趣味欄に「コーヒー」を書く時のポイント

はじめにコーヒーとだけ書いて、補足でコーヒーの資格(コーヒーマイスター・コーヒーコーディネート・バリスタ)をとるための勉強と書いておくと、目を引きやすいでしょう。
コーヒー専門店を巡る事と書いていても良いと思います。決して「コーヒー」とだけは書かない事です。

 

コーヒーを趣味にしている理由

いろんな理由があると思いますが、健康の為・美容の為・勉強の為というのは基本です。その話を深く話せるように更に付け加える事が大切です。カフェ巡りをする友人がいますが、コーヒーを飲むと癒されるそうで、どのカフェが、値段・味・景色(雰囲気)がマッチしているかを見るのが好きなのだそうです。そしてコーヒーに合うデザートも重要と言って、細かくチェックしています。本場の豆で味わいたいと外国に行く人もいます。

 

コーヒーが趣味の男性

コーヒーが趣味の男性は、女性受けしやすいと思います。男性は、女性以上に細かくチェックする人も多く、カフェ好きの女性だと興味がわきやすいです。「あそこのコーヒーは、作り方がユニークで、最近お気に入りのお店です」「コーヒーにハマって、バリスタの勉強中です」など、どんな話をしていっても良い方向に向かうでしょう。特に、美容効果・健康促進など絡めて話すと、女性は首ったけです。

 

コーヒーが趣味の女性

男性に話すとき、はじめはカフェの話より、コーヒー豆の種類や香り、製法など話すと、男性は興味を示しやすいです。コーヒーを嫌いだという人もいますが、飲みやすいコーヒーの種類やレシピの話をすると耳を傾けてくれるかもしれません。

 

コーヒーが趣味の人はどのように自己紹介をすると良いか

普通に「コーヒーが大好きです」とズバリ言ってもいいと思います。そのあとに理由を話したり、好きすぎて〇〇したというエピソードを付け加えると聞き手に印象を与えるでしょう。「好きすぎてバリスタ免許を取った」「好きすぎて外国へ留学した」「好きすぎて、近辺のカフェは全て網羅した」などインパクトがある事を話してみてはいかがでしょうか。

 

コーヒーを始めるためには

私は、まずはコンビニのコーヒーを全て飲み比べから始めました。どこのコンビニコーヒーが一番美味しいか、味はどのように違うかなど、素人なりに飲み比べました。次にスターバックスなどのコーヒー専門店に行ってみて飲むことで、どのように違うのかを試していきました。そのうち、いつの間にかコーヒーに興味を持つようになっていました。何事もまずは「興味をもつこと」だと思います。そしてもし趣味として堂々と言いたいのなら、とことん追求をしていく事です。コーヒーは多くの人が飲んでいます。ただ飲むのが好きだというだけでは、趣味としては弱いことはしっかり覚えておきましょう。

ある程度、コーヒー専門店のコーヒーも飲み尽くした、ということであれば、今度は自家焙煎にも挑戦して、オリジナルのコーヒー作りを楽しむのもよいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。コーヒーは、沢山の人に愛されている飲み物です。趣味として書きたいのであれば、コーヒー豆の種類や焙煎の細かいやり方等、皆よりワンランク上の事が話せるようにしておいた方がいいでしょう。好きな事と趣味の違いを理解し、趣味のところに書くのならば、明確な理由と「流石だな」と思われるほどの事をしておきましょう。

このブログに掲載している情報は、すべて更新時点での情報になります。
最新の情報とは異なる場合があるのでご注意ください。
また、運営維持のためにPRリンクを設置させていただいております。
すべての著作物の不正利用を禁止します。

プライバシーポリシー

© 2018 趣味探し.net, ALL RIGHTS RESERVED.