趣味探し.net

趣味探しをしたい人のためのサイト。スポーツなどのアウトドアからイラストなどのインドアまで、あなたの趣向に合わせた趣味をご紹介。男女別、年代別の人気趣味ランキングも。

趣味「ダーツ」女性にモテるおすすめの趣味!?

ダーツを楽しむスーツ姿の男性

ダーツは、室内スポーツでメンタルスポーツとも言われています。的に向けて矢を投げて、点数を競うというのが基本のゲームです。仲間同士でチームを作って、チーム同士で競うだけでなく、気軽に大会にも出られるので、若者を中心に人気のスポーツの1つと言えます。

 

【目次】

 

ダーツの魅力・メリット

なんといっても初心者でも気軽に始める事が出来るスポーツというのが魅力的です。道具も安いもので1,000円台からありますので学生でも始める事が出来ます。ダーツをしている方々は、みんな気さくな方が多いです。そこから出会いの輪が広がり、サークルに入ったような感じで楽しめます。
そして、ダーツはプロになれる可能性が誰にでもあることも魅力です。野球やサッカーは、年齢によっては難しいこともあるかと思うのですが、ダーツは、どんな年代の方でも出来るスポーツですので、始めるのが遅くても問題ありません。あとは練習あるのみなので、やりがいがあります。

また、若い女性の中にはダーツがかっこいい、おしゃれという印象をもつ人もいて、ダーツが上手な男性はモテることもあります。

 

どのような人にダーツをおすすめできるか?

とくに趣味がない人におすすめです。軽く始める事が出来るからです。年会費がいるわけでもなく、道具にお金がすごくかかるわけでもないので、趣味を見つけたいという人は、是非はじめてみてほしいです。

 

ダーツに必要な道具

ダーツは、的に当てるための道具で「バレル」という矢が必要になります。消耗品なども多少ありますが、基本的には、この「バレル」が必要です。最初のうちはお店の貸し出しの矢でも十分です。

 

 

 

履歴書・就職面接での書き方

趣味欄に「ダーツ」を書く時のポイント

趣味欄に「ダーツ」と書くのは、抵抗がある人も多いかと思います。もし、ダーツと書きたいのであれば、実績をある程度出してからの方がいいでしょう。「大会で入賞した経験がある」「何度か大会に参戦している」などです。実績がまだないけれど、どうしても趣味欄にダーツと書きたいなら、「プロ資格を目指している」などと添えると良いでしょう。

 

ダーツを趣味にしている理由

「気軽に始める事ができたから」「同じ趣味を持った仲間と切磋琢磨できるから」「自分の限界を知りたいと思ったから」などと言ったら良い印象を受けるでしょう。注意しなければならないのは、特に年配の方の中には「ダーツ」は、お酒を飲みながらダラダラやる、ちゃらちゃらしたスポーツというイメージを持っている人も多いです。上記のような理由をきちんと言わないとマイナスです。

 

趣味・特技欄の書き方例文

趣味欄であれば、「ダーツでプロ資格取得を目指している」「ダーツ大会でのトロフィー集め」など「ダーツ」だけを記載するのではなく、プラスアルファで何か一緒に書いた方がいいです。
特技欄には「トロフィー集め」「団結力(結束力)」などと書くと、見た方は「何のトロフィーだろうか・何の団結力だろう」と思い、目に留まって、あなたに聞いてくるでしょう。

 

ダーツが趣味って実際の所どう?

実際に、ダーツを本格的に趣味として始めた場合、お金がかかるようになります。練習場や実際にゲームをする場所は、ダーツバーかインターネットカフェ等がメインになるでしょう。練習場としてネットカフェは安くあがるのですが、ハマってくるとこれでも高いです。1日1,500円だとして、1か月10日しただけでも、15,000円です。ダーツバーだと、ゲーム代は基本料金なので数多く投げれば投げるだけお金はすぐなくなります。大会も参加料が5,000円程はしますので、計画的にしていかなければなりません。

 

ダーツが趣味の男性

ダーツを趣味として楽しんでいるのなら、誰も悪い印象はもたれないでしょう。若い女性にはダーツ趣味の男性はかっこよくおしゃれに写ってモテるかもしれません。
ただし、ある程度大人になってダーツを趣味でしている方は、結婚運が落ちないように、ゲームを楽しむのもほどほどにしつつ貯金は計画的にしておいた方がいいでしょう。

 

ダーツが趣味の女性

傍から見ると、ただ遊んでいるだけのように見られてしまいがちです。特にダーツは、夜を中心にしてされている方が多いので、女性はちゃらちゃらしていたりお酒好きなように思われがちです。
趣味だと胸をはって言えるように、ゲーム自体は楽しい雰囲気の中でも真剣に練習しているところも見せてください。

 

ダーツが趣味の人はどのように自己紹介をすると良いか

私の場合は、ビリヤードを学生時代していましたので、「ビリヤードをずっとしていましたが、最近はダーツに魅了されてしまい、専らダーツばかりしています。絶対プロになりたいと思って、日々精進しています。」と言っていました。

 

初心者がダーツを始めるためには

好奇心が大切だと思います。したことがないし、ちゃらちゃらしているように見えるし、怖いと思っている人も多いかもしれませんが、ダーツをしている人達は、本当に気さくな人ばかりです。好奇心が大きな可能性へと導いてくれますので、ぜひ好奇心と言うのを大切にしてください。

まずはダーツバー等で気軽に友達とゲームをしてみてはいかがでしょうか。ゲームにもさまざまなルールがあり、楽しみながら対戦することができます。

 

まとめ

いかがでしたか?ダーツに対するイメージは、やはり良い印象を持っている方は少ないです。なので履歴書に書くとしても、自己紹介するとしても、ただ「ダーツ」と言うのではなく、なぜダーツが好きなのか、目標は何なのか、ということをしっかり言えるようにしておきましょう。

 

このブログに掲載している情報は、すべて更新時点での情報になります。
最新の情報とは異なる場合があるのでご注意ください。
また、運営維持のためにPRリンクを設置させていただいております。
すべての著作物の不正利用を禁止します。

プライバシーポリシー

© 2018 趣味探し.net, ALL RIGHTS RESERVED.