趣味探し.net

趣味探しをしたい人のためのサイト。スポーツなどのアウトドアからイラストなどのインドアまで、あなたの趣向に合わせた趣味をご紹介。男女別、年代別の人気趣味ランキングも。

趣味「ライブ」履歴書の特技欄に書いても問題ない?音楽鑑賞が趣味ならおすすめ!

ライブといえば、カラフルなスポットライト

ライブが行われる場所は、アリーナや武道館などの大きな会場から、ライブハウス、路上、野外特設会場など様々です。

メジャーな歌手だけでなく、インディーズの歌手も人気があります。

 

【目次】

 

ライブの魅力・メリット

スポーツ観戦と同様で、実際にアーティストのパフォーマンスを見たり、ファンが一体になって盛り上がったりすることで、日頃のストレスを吹き飛ばすことができます。またインディーズのアーティストが好きな人は、好きなアーティストが無名の頃から応援できます。無名の頃から応援していたアーティストが、メジャーデビューしたときは感動しますよね。それに自分は無名の頃からあのアーティストを知っているという自慢ができます。 

 

どのような人にライブをおすすめできるか?

音楽が好きな人はもちろんですが、音楽をあまり聞かない人にもおすすめです。特に最近の人気の音楽は、同じような歌手や似たような曲調の本が多い傾向にあると思いので、苦手な人や飽きてしまう人が多くいます。ですが、メディア露出が少ないだけで、実力のあるアーティストは、メジャーやインディーズを問わずたくさんいます。だから、ライブにたくさん行って、好きなアーティストを見つけましょう。きっと好みのアーティストが見つかるでしょう。

 

ライブに必要な道具

夏フェスなどのイベントでは、熱中症にならないようにしっかり準備しましょう。ライブハウスなどは飲み物の持ち込みが禁止されている場合があるので、しっかり確認しましょう。また貴重品をしっかり管理できるボディーバッグのような小型のカバンがあると便利です。そしてアーティストのグッズなどは会場で買うことができます。

 

履歴書・就職面接での書き方

趣味欄に「ライブ」を書くときのポイント

ライブを行うのと、ライブを見るのは全く違います。ライブを見ることは主体的な趣味ではないので、就活のときはライブのことについて長々と書いても意味がありません。

 

ライブを趣味にしている理由

ライブが自分自身にどのような影響を与えるか書くのが良いと思います。ライブに行くと日頃のストレスを発散できる場合は、ストレスコントロール力をアピールできますし、ライブを通して友人ができた場合は、コミュニケーション能力をアピールできます。

 

 

 

趣味・特技欄の書き方例文

  • 私はライブによく行きます。

好きなアーティストのパフォーマンスを見ることができるだけでなく、日頃のストレスも吹き飛ばすことができます。

  • 好きなアーティストのライブによく行きます。

最初は1人で行っていましたが、席が近くの人に積極的に話しかけて、何人かの友人ができました。

年齢は様々ですが、皆同じアーティストが好きなので一緒に盛り上がっています。

 

ライブが趣味って実際の所どう?

ライブが趣味の男性

音楽が好きな男性という感じがします。

おしゃれにも気を使う人が多いイメージがあります。

 

ライブが趣味の女性

音楽が好きな女性という感じがします。

独特の世界観を持っている人が多いイメージがあります。

 

ライブが趣味の人はどのように自己紹介すると良いか

「ライブによく行きます。例えば○○のライブに行きました。」という感じで良いと思います。

ただ○○は有名なアーティストの方が、触りとしては良いのかなと思います。

 

初心者がライブを始めるためには

好きなアーティストのライブに行ってみましょう。

ライブに行くのに慣れてきたら、小さなライブハウスに行ってみるのも良いかもしれます。

小さなライブハウスでも、有名なアーティストがライブをしますよ。

 

まとめ

好きなアーティストの生歌が聴けるライブは楽しいですよね。

ライブは主体的な趣味ではありませんが、上手く考えれば、就活の自己PRでも使えますよ。

このブログに掲載している情報は、すべて更新時点での情報になります。
最新の情報とは異なる場合があるのでご注意ください。
また、運営維持のためにPRリンクを設置させていただいております。
すべての著作物の不正利用を禁止します。

プライバシーポリシー

© 2018 趣味探し.net, ALL RIGHTS RESERVED.