趣味探し.net

趣味探しをしたい人のためのサイト。スポーツなどのアウトドアからイラストなどのインドアまで、あなたの趣向に合わせた趣味をご紹介。男女別、年代別の人気趣味ランキングも。

趣味「楽器」ギター・ウクレレ・キーボード!大人の初心者でも大丈夫

楽器の代名詞ヴァイオリン

楽器を趣味にするということは、音楽に使用される音を出すための道具を使って音楽を演奏することをいいます。

 

【目次】

 

楽器の魅力・メリット

楽器を使い音楽を演奏することは、一人で楽しむこともできるし、バンドを組むなどグループで活動することも、オーケストラに参加して大多数で活動することもでき、楽器の種類も幅広くあるため、自分に合った楽器を選び演奏することができるバリエーションの広い趣味です。楽器を通して音楽を楽しむことは、音楽という万国共通の言語を使いありゆる人と共に楽しめるものなので、コミュニケーション手段としても有効です。

 

どのような人に楽器をおすすめできるか?

楽器は室内で活動することが多いので、スポーツや激しく体を動かすことが苦手な人はインドアな趣味として始めることができます。また一人でも楽しめるので、あまり時間がない人でも自分のペースで練習することができるので、社会人になってからでも始めやすい趣味です。 

 

楽器に必要な道具

楽器を始めるには、自分の興味のある楽器を選び必ず一つは入手することが必要です。楽器店に行けばあらゆる種類の楽器が置いてあります。まずは自分がどの楽器をやりたいのかをしっかりと理解する必要があります。

ヴァイリンなど高価なものから、ギター(アコースティック・ギター、エレキギター)、ベース、ドラムなどものによっては安価に購入できるものまで、幅広いです。

また、ウクレレやキーボードなど、気軽に演奏できる楽器があるので、初心者は検討してみるのもよいでしょう。

 

音の好みや音量など、自宅で練習するならばそのスペースや音漏れなどを考慮して選ぶのが良いと思います。ドラムなどは持ち運びも大変なので、その点も考慮に入れましょう。

 

 

 

履歴書・就職面接での書き方

趣味欄に「楽器」を書くときのポイント

楽器を趣味にするということは、音楽が好きということも同時に言っているようなものなので、どんなジャンルの音楽が好きかも合わせて答えると良いです。また、なんの楽器を演奏するのか、個人で活動しているのか団体に所属して活動しているのかなどについても触れると良いです。

具体的にどのような楽器をやっているのか、その楽器をやっている理由、なぜ好きなのか、練習で気をつけている点なども合わせてアピールできるとよいでしょう。

 

楽器を趣味にしている理由

楽器を演奏することによって、物事に集中して音楽を通して気持ちをリフレッシュさせることが出来るので、自分なりのストレス解消法を持っているという点は最大のアピールポイントです。また、団体での音楽活動をしている場合にはチームワークについてもアピールすることができます。

 

趣味・特技欄の書き方例文

①趣味は楽器で、主にギターを演奏しています。一人で楽しむときは、アコスティックギターを使い作詞作曲をしたり、バンド活動もしているので、その際にはエレキギターで、ロック調の音楽を中心に演奏し、年に一度バンド仲間で集まりライブを開催しています。一人で楽しむときは演奏すると気持ちがリフレッシュできストレス解消になり、バンド活動は仲間で協力して一つの曲を作り上げることに大変やり甲斐を感じています。

 

②趣味はベースです。基本的には完全初心者から独学で学びました。また、バンド活動もやっており、特に他メンバー・他楽器との調和を常に意識しています。特にベースは他の楽器を引き立てるような役割もあるので、常に周りを見ながらバランスをとっていくという姿勢を身につけることができました。

 

楽器が趣味って実際の所どう?

楽器が趣味の男性

楽器が趣味の男性は、スポーツマンな男性に比べインドアな印象を与え、一緒に楽しむことができます。スポーツを男性と一緒にすることは体力的に女性の方が劣りますが、楽器は一緒に演奏したり、演奏してくれるのを聴いてるだけでも心地よく共に楽しめる趣味なので好印象を与えます。

また、ふとしたイベント等でサラッとギターやピアノ、バイオリンなどを弾く姿を見るとキュンとくる女性もいるのではないでしょうか。

 

楽器が趣味の女性

楽器が趣味の女性は、華があると思います。男性よりも女性の方が一芸に秀でていると評価される場合が多く、楽器は一芸の中でも趣味としている人が多い一芸の一つです。何気ないシチュエーションでサラッと披露したりすると、好印象を与えます。

 

楽器が趣味の人はどのように自己紹介すると良いか

楽器が趣味の人は、音楽を通して交流を深めることができますので、同じく楽器を趣味とする人とはセッションしましょうという言い方も出来ますし、楽器を趣味としない人でも自分が演奏するのを聴いてもらうことはできますので、好きな音楽のジャンルなどを教えてもらうのも良いでしょう。自己紹介の際に自分の演奏する楽器と好きな音楽のジャンルも伝えると、そこから話が広がることも大いにありえます。

 

初心者が楽器を始めるためには

楽器を演奏するには、音符もしくはコードを読めるようになることが始まりです。その勉強をしてから、やりたい楽器を選び始めるのが良いでしょう。色々勉強の方法はありますが、初心者は中々独学では上手になるのは難しいので、教室に入るのがオススメです。最近では大人のための楽器教室というのも多く存在しますので、そういった教室を利用して練習をすると、技術の習得に無駄が無いと思います。

 

まとめ

楽器を趣味とすると、音楽を通してたくさんの人と仲良くなることができ、言葉は通じなくても音楽を共に楽しむことができるように、仲間の輪を広げていくことができます。また、楽器は個人でも集団でもできる趣味なので、ケースバイケースによってそれぞれの楽しみ方ができるのも良いところです。楽器はたくさん種類がありますので、自分に合った楽器を選ぶ楽しみもあり、初心者でも自分のペースで始められる趣味ですので、趣味としていて損することはありません。

このブログに掲載している情報は、すべて更新時点での情報になります。
最新の情報とは異なる場合があるのでご注意ください。
また、運営維持のためにPRリンクを設置させていただいております。
すべての著作物の不正利用を禁止します。

プライバシーポリシー

© 2018 趣味探し.net, ALL RIGHTS RESERVED.