趣味探し.net

趣味探しをしたい人のためのサイト。スポーツなどのアウトドアからイラストなどのインドアまで、あなたの趣向に合わせた趣味をご紹介。男女別、年代別の人気趣味ランキングも。

趣味「読書」習得した知識や効果を就活面接で存分にアピールしよう

手元にコーヒーとクッキーを於いて読書をする

本といってもたくさんのジャンルがあります。専門書などの難解な本から、雑誌やマンガなどの気楽に読める本まで幅広くあり、一言で「趣味が読書」といっても人によって好きなジャンルが大きく異なります。

暇つぶしの読書から教養や知識・スキルを身につけるための読書まであり、楽しみ方は人それぞれ。読書のメリットや効果を紹介いたします。

 

【目次】

 

読書の魅力・メリット

読書の魅力・メリットを紹介します。

 

知識を身につけたり、新たな発見で視野・世界を広げることができる

本を読むことでたくさんの知識を身につけることができますし、いろいろな発見をすることができます。現実で経験できることには限りがありますが、読書中、本の中ではいろんな経験をすることができ、視野や世界が広がります。

本を読み終わった後に、読書ノートを書くことで、学んだことをしっかりと定着させている人も多いようです。

 

スキマ時間を有効活用できる

また図書館を利用すれば費用がかからないので大変お得ですし、電車やバスで移動している間の時間つぶしにもなります。

 

どのような人に読書をおすすめできるか?

仕事や勉強、運動などで壁にぶつかっている人に特にお勧めしたいです。

なぜなら、読書をすることで新しい考えや自分と違う見方や世界を知ることができるからです。壁にぶつかっている人は、1人で考えると余計に深みにはまってしまいます。そんな時に読書が効果的です。読書を通じて身につけた考え方やアプローチをかつようすることで壁を乗り越えることがあります。特に有名人や成功者の自伝がおすすめです

 

読書に必要な道具

本があれば大丈夫です。ただ本を大量に買うのはお金がかかるので、図書館がおすすめです。

最近はスマホやパソコンにアプリをダウンロードすれば、電子書籍で読むことができ、読みたいと思ったらすぐに本を読むことができます。

 

 

 

履歴書・就職面接での書き方

「趣味は読書」と答えるだけだと、ありきたりでつまらないと感じられてしまいます。しかし読書の効果は非常に大きく、読書を通じて得られるものは非常に大きのです。読書を通じて得られたことをしっかりとアピールすることがポイントです。

 

趣味欄に「読書」を書くときのポイント

就活では趣味欄に「読書」を書いてはダメという人もいますが、ダメということはありません。書き方に注意点はありますが、それは読書に限った話ではありません。

しっかりと履歴書を読む相手や面接官に読書を通じてどのような経験をしたか、どのような知識やスキルを習得できたか、どのような効果があるをアピールすることが重要です。

単に「読書」とだけ書いておくと、趣味がないから仕方なく「読書」と書いているだけと思われてしまうので、このポイントをしっかりと抑えてきましょう。


読書を趣味にしている理由

読書を通して新しい考え方や知識を得ることができるので、就活の面接等では自分には知的好奇心があるということをアピールすれば良いと思います。

 

趣味・特技欄の書き方例文

上記を踏まえて、例文をあげましょう。

 

  • 私の趣味は読書です。知的好奇心が強く、本を読むことでたくさんの知識や考え方を得ることができるからです。科学・テクノロジー系やビジネス関連の書籍をよく読んでいます。読書を通じて科学・テクノロジーの知識を習得できたと同時に、特に環境問題に関する問題がたくさんあることを知り、それらをビジネスで解決することに興味を持つようになりました。
  • 壁にぶつかったりうまくいかない時に、よく本を読みます。本には壁を乗り越えるためのヒントがたくさん詰まっています。私はTOEICのスコアが1年間伸びず、勉強する気持ちもだんだん失せていきましたが、現千葉ロッテ監督の井口貸仁氏の本を読んで、うまくいかないことを前向きに捉えることができるようになりました。もちろんスコアも大幅に伸ばすことができました。これはあくまで一例ですが、読書を通じて壁にぶつかったり、スランプに陥った時の対処法を学ぶことができました。社会人になってもこのスキルを活かすことができると考えております。

 

読書が趣味って実際の所どう?

単に読書が趣味、というだけでは相手の印象に残りづらいですし、回答に困ってしまうでしょう。具体的にどのようなジャンルの本が好きなのか、どのような作者の本が好きなのか、も合わせて説明してあげると良いでしょう。

 

読書が趣味の男性

大人しい、インドア派、知的というイメージ・印象を持ちます。

見た目や雰囲気が派手な人だと、ギャップがあって好印象になるかもしれません。

 

 

読書が趣味の女性

男性同様、大人しい、インドア派、知的というイメージ・印象を持ちます。

ただ単に「趣味が読書」というだけだと優等生タイプだと思われ、話かけにくいイメージ・印象を相手に持たれるかもしれません。具体的にどうのような本を読むのか、ということもアピールできると、明るく楽しい人だという印象を与えるでしょう。

 

読書が趣味の人はどのように自己紹介すると良いか

「読書」とだけ言うと相手も困ってしまうと思うので、実際にタイトルや作者名をいくつか出して、いろいろなジャンルの本について知っているというアピールをしてるとよいでしょう。

また小説は読まないけどマンガなら読むという人も多いので、もちろんマンガも読みますという話をすれば、相手も話やすいと思います。

 

初心者が読書を始めるためには

本を読むには大きく2つ方法があります。

1つは本屋で本を買う方法です。リアル店舗はもちろん、Amazon楽天ブックス等で簡単に購入することができます。また最近は電子書籍もあり、読みたいと思ったらすぐに読むことができます。電子書籍は紙の本よりも少し安いのでおすすめです。

 

もう1つは図書館に行って気になった本を借りて読む方法です。

何冊も本を購入するとかなりのお金が必要になりますが、図書館であれば基本的には無料で本を読むことができます。

当然ですが、借りた本は自分のものにはできないので、もし何回も読みたいと思った本があったら、書店で買ってください。

また、新しい本や漫画などの特定のジャンルの本は置いていないことも多いので、要注意です。

 

一冊本を読むのは結構な時間がかかるので、面白くなかった場合は最後まで読まなくても良いです。

また、慣れてきたら、好きなシーンや言葉をノートや手帳にまとめて読書ノートを作ってみましょう。手を動かしてノートにすることで、習得した知識を整理でき、記憶の定着を図ることができます。

 

まとめ

読書が趣味の人はどうしてもありきたり、とか、大人しそうだと思われがちですので、アピールするのが難しい趣味だと思います。

就職面接でも男女の恋愛でも、具体的にどのような本が好きなのか、どのようなことが楽しいのか、どのような知識をもっているのか、ということをアピールできると良い結果になると思います。

 

関連Youtube動画

 

このブログに掲載している情報は、すべて更新時点での情報になります。
最新の情報とは異なる場合があるのでご注意ください。
また、運営維持のためにPRリンクを設置させていただいております。
すべての著作物の不正利用を禁止します。

プライバシーポリシー

© 2018 趣味探し.net, ALL RIGHTS RESERVED.