趣味探し.net

趣味探しをしたい人のためのサイト。スポーツなどのアウトドアからイラストなどのインドアまで、あなたの趣向に合わせた趣味をご紹介。男女別、年代別の人気趣味ランキングも。

趣味「資格取得」難易度はさまざま、民間資格~国家資格まで

資格取得には勉強が必要

資格とは、ある能力に関して、一定の基準を満たした”能力や技能、知識”があると公に認められることです。
資格には、仕事や収入に直接結びつく、司法試験等の”法律系”の資格や、医師・看護等の”医療・福祉系””理美容系”等の難易度が高い資格や取得までに一定の学習が必要な資格もあります。
一方、日々楽しく過ごすための趣味、例えば、日本茶インストラクターキャンプインストラクター等、様々あります。

 

資格には法律に基づいて国や国から委託を受けた機関が実施し、認定する「国家資格」と、それ以外の「民間資格」の2種類あります。認定する主体が民間ということで、民間団体・協会や企業などが独自の基準を設けて認定しているため、国家資格と同じ程度の知名度や有効性のある資格もあります。

例えばTOEICや簿記などは民間資格ですが、保有していると就職面接の際にも有利に扱ってもらえることがあります。

 

【目次】

 

資格取得の魅力・メリット

資格取得を趣味にしている人の魅力は、資格の内容問わず、周囲の人からの印象として、”知的好奇心が高い人”や、”日々、成長している人”等、好印象であると考えられます。
メリットは、やはり、「ある能力」に対して、一定の「能力や技能、知識」を持っていると、”公的に認められている”という「安心感」です。

 

どのような人に資格取得をおすすめできるか?

資格取得をすすめる方は、知的好奇心が旺盛な人や、新しいことに挑戦したい人など性別を問わず、おすすめします。
新しいこと(仕事も趣味も)に挑戦するために”基本的な知識や技能”を持っていると公に認められている資格を持っていると、仕事を選ぶことが出来ます。
趣味から、新しい人や物事との出会いが広がります。

 

資格取得に必要な道具

資格の内容や難易度等によるから、一概には言えませんが、始めに取得したい資格について、インターネットで検索をすると、必要な学習内容や学習時間、教材又は、スクーリングの必要性等がある程度解ります。
また、その資格を取った後、どのようにその「資格を活かすことが出来るのか?」「資格の活躍の場もある程度見えて」きます。

取得を目指す資格によって必要な道具も異なりますので、まずは取得したい資格の難易度・試験形式など、情報収集することをおすすめします。

 

履歴書・就職面接での書き方

趣味・特技欄に「資格取得」を書くときのポイント

趣味欄に書く時にどのようなところに注意すればよいか。

取得している資格によりますが、資格の名称や内容で、その人に対する”判断規準や評価基準”になります。
その人なりを、ある程度イメージをすることができるからです。
仕事に関係がある仕事であってもそうでなくても、”知的好奇心がある”ことや、”日々、成長しようという気持ち”をアピールすることができます。

 

資格取得を趣味にしている理由

 新しいことを身につけたり、勉強するのが好き等、好奇心の強さや勉強熱心さをアピールするとよいでしょう。

 

 

趣味・特技欄の書き方例文

①趣味は、資格取得です。最近、趣味にしている事柄が、どんどん公的・民間等の資格になっています。好きな事をについて”もっと知りたい・覚えたい”という知的好奇心が旺盛です。 この性分を、仕事に活かし”早く業務内容を覚えよう”という意欲に繋げます。

 

②趣味は、資格取得です。興味関心がある事柄や、仕事の幅を広げるためといった理由で、挑戦します。 方法として、テキストから学び、ワークブックを解いたりといった努力が必要になります。 業務上、初めてのことに対しても、挑戦する意欲に繋がっています。

 

資格取得が趣味って実際の所どう?

資格取得が趣味の男性

生活上必要な資格、趣味の範囲の資格であっても、挑戦する気持ちに理解を示す方と少々理解に苦しむという方に分かれているようですが、
女性の目から見て、好感を持っている方の方が多いようです。
試験前からや合格発表までの”適度な緊張感”が日常生活の中の”いい刺激”になっているようです。
また、”挑戦している人”、”物事に意欲的な人”といった印象に繋がっているようです。

別な方面では、ギャンブルよりも資格に関するテキスト代や、受験料の方が比較的安価であるから、資格取得の方が、お財布に優しい”スリル”を味わうことが出来る趣味という考え方もあります。

 

資格取得が趣味の女性

持っている資格によって、その女性の”嗜好”や、”その人なり”をイメージすることが出来ます。
食物系の資格を持っていれば、食べることや料理が好きな方と感じるでしょうし、理美容系の資格を持っていれば、おしゃれや身だしなみを整えることが好きなかたと感じるでしょう。
アウトドア系やスポーツ系の資格を持っていれば、アクティブな方であるとイメージできます。
やはり、好奇心が旺盛であったり、意欲的な女性と感じる男性が多いと考えられます。

 

資格取得が趣味の人はどのように自己紹介すると良いか

出会いの場で、資格取得が趣味”であるとアピールする場合、持っている資格の中で、何を持っていることを強調するかで、相手の印象が大きく変わる可能性があります。
医療系や法務系などであれば、仕事が出来る人物”であることや、”稼ぐ力があること”等をアピールできます。
趣味で持っている資格であれば、”何が好きか”その人なりをイメージすることが出来ます。

 

①私は、〇〇の資格を持って仕事をしています。現在は、△△や□□などを主にしています。現在の職業を簡単に紹介することができます。

 

②私は、**が好きで、**の資格を取りました。週末に、仲間と**の活動をしています。資格を取得することで、仲間とコミュニケーションを取ることが出来る人、好奇心が旺盛な人であることなどをアピールできます。

 

初心者が資格取得を始めるためには

初心者の方が資格取得を検討しているのでしたら、可能であれば、”好きなこと”に関する資格に挑戦することから始めると取り組み易いです。
または、仕事に関係あることで、”馴染みある用語”があるなど、親しみがある事柄から始めると、合格しやすです。
最初の資格試験に合格すれば、今後の自信に繋がります。

 

まとめ

資格取得の趣味には、様々なメリットがあります。

 

①知的好奇心を向上させることが出来ます。

②日々、成長している実感を持つことが出来ます。

③学習の仕方が身に付いているから、新しいことへ、臆することなく挑戦する勇気があります。

④性別問わず、好感を持つことが出来る趣味です。

このブログに掲載している情報は、すべて更新時点での情報になります。
最新の情報とは異なる場合があるのでご注意ください。
また、運営維持のためにPRリンクを設置させていただいております。
すべての著作物の不正利用を禁止します。

プライバシーポリシー

© 2018 趣味探し.net, ALL RIGHTS RESERVED.