趣味探し.net

趣味探しをしたい人のためのサイト。スポーツなどのアウトドアからイラストなどのインドアまで、あなたの趣向に合わせた趣味をご紹介。男女別、年代別の人気趣味ランキングも。

趣味「寝ること」自分の時間を確保して病気のないスッキリした身体へ

丸くなって寝るネコ

寝るというのは、人間の3大欲求の1つで、とても身体にも良い事です。よりよい環境を作る事で、美容と健康の向上にもなるのです。

 

【目次】

 

寝ることの魅力・メリット

冒頭でも書きましたが、「健康」「美容」にとても良いとされています。
睡眠をしっかりとれるように、アロマや枕にこだわる事や、ヒーリング音楽を楽しむ人も多いです。起床時、工夫をすることで1日が楽しく始まるということで、今では色んな睡眠グッズ・起床時のグッズもたくさんあります。

 

また、昼間に音楽鑑賞等をしながら短時間の睡眠をとることで、仕事のパフォーマンスが上がることがあります。時間がない人は布団に入ってぐっすり寝るのはなく、ソファーやデスクで短時間の睡眠をとるのもいいでしょう。

 

どんな人に寝ることをお勧めできるか

普段、寝つきが悪い人や眠りに浅い人、ストレスが溜まりやすい人などにお勧めです。
寝つきが悪いと、不眠症・過眠症・無呼吸症候群など心身に悪影響がある方は、正しく寝る事で改善されます。

睡眠時間が少なくなると、病気にもなりやすくなるため、睡眠時間が少ない自覚のある人は意識的に睡眠を取ると良いでしょう。

 

寝ることに必要な道具

人それぞれ寝る為に必要な道具が様々です。
はじめは、枕やマットレスから始めるといいでしょう。専門店もありますので、自分に合った枕やマットレスを使用するだけで、今までとは違った眠りにつけるかもしれません。他にも一躍有名になった「王様の足枕」もおすすめです。むくみやすい人には、このグッズが良いかもしれません。
どのようにしたらリラックスして寝る事ができるか、まずは睡眠グッズを色々と試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

履歴書・就職面接で活かすポイント

寝るというのは、誰にとっても良い事です。面接の際に話すならば、こだわる前と後ではどのように変化があったかを話すと良いでしょう。
私事ですが、寝るという事(睡眠)を今は大切にしています。昔は大嫌いでした。寝る時間があるなら、寝ずに何かをしておきたいというタイプです。こういった方も多いと思います。3年前から生活リズムを変えて、1日平均7時間をとるようにしました。すぐには効果を感じませんでしたが、1年経って身体と心に変化が出ました。頭がすっきりして、昼間も活発に動けるようになり、以前は、ずっと60~70%が1日ずっと続いていたのが、今では起きている時間は、100%の力で動けるようになったと感じています。こういった内容を伝えると良いでしょう。話すときは、「こういった面で睡眠を大事にしております」など、必ずオチも付け加えましょう。

 

趣味欄に「寝ること」を書く時のポイント

まず、趣味欄に「寝ること」とは絶対に書いてはいけません。第一印象が怠けているように感じて悪い印象となる可能性があるからです。まずは「寝ること」の言葉を「睡眠」に置きかけて表現しましょう。これだけでは、まだ怠けているように感じるので、「様々な睡眠グッズなどを試すこと」「睡眠グッズ収集」などと付け加えて書いておきましょう。

 

寝ることを趣味にしている理由

趣味として話す際は、単純に「寝るのが好きだから」と伝えるより「睡眠をより快適にするためのグッズや方法を試しているうちに寝る事が好きになった」などと言いましょう。

 

散歩が趣味って実際のところどう?

寝ることが趣味の男性

寝るのが趣味というと、女性からすると、つまらない人だと思われがちです。お出かけするのが好きな人ほどこういう風に思われてしまいます。
寝るのが好きで、その関連グッズや癒しを追求するようになったなどと話すと相手も興味を示してくれるかもしれません。特に女性は、美容を意識しています。
規則正しく睡眠をとると肌の調子は良くなることや、むくみをとってくれるグッズがあるという話をしてみてはいかがでしょうか。話が盛り上がります。

 

寝ることが趣味の女性

寝るのが趣味だと言って、男性にひかれることはないとは思います。しかし、美容と健康を中心に話すと、男性にはあまり興味がない内容かもしれませんので控えめに話しましょう。

 

寝ることが趣味の人はどのように自己紹介をすると良いか

面性などではない限りは、素直に「寝るのが大好きです」と表現しても良いと思います。
そして休日の日の過ごし方を話してみるのも面白いでしょう。普段おでかけ好きな人などには、多大なるインパクトを与えるでしょう。好きなタイプであえて「寝るのが嫌いな人」と言ってみるのも良いかもしれません。
「二人とも寝るのが大好きだったら、会話より寝てばかりでつまらないから」など、なんでも良いので理由は付け加えましょう。

 

寝ることを始めるためには

私は、元々アウトドアでお出かけ大好きな人間でした。けれど現在、睡眠をリズムよく取るようになりました。
きっかけは、自分で「今日は休息日だ」と思って休みの日に寝た事でした。最初はリズムも悪く、逆に頭が痛くなることも多々ありました。しかし、休息日を設けているうちに、少しずつ変化が出てきたので、身体の為だと思って毎日きちんと寝るようになりました。このような感じで、寝る事を始めるには自分できっかけを作ることだと思います。

 

まとめ

寝る事が趣味だというと、印象も悪かった人もいるのではないでしょうか。しかし表現方法を「寝る」から「睡眠」と変えたり、睡眠グッズ・健康と美容などと絡ませて話すと、立派な趣味として話せるのではないでしょうか。

 

このブログに掲載している情報は、すべて更新時点での情報になります。
最新の情報とは異なる場合があるのでご注意ください。
また、運営維持のためにPRリンクを設置させていただいております。
すべての著作物の不正利用を禁止します。

プライバシーポリシー

© 2018 趣味探し.net, ALL RIGHTS RESERVED.