趣味探し.net

趣味探しをしたい人のためのサイト。スポーツなどのアウトドアからイラストなどのインドアまで、あなたの趣向に合わせた趣味をご紹介。男女別、年代別の人気趣味ランキングも。

趣味「スポーツ観戦」採用・面接担当者、履歴書でアピールするときの注意点は?

サッカー観戦をする女性

実際にスポーツを観戦しに行くのはもちろんですが、テレビやインターネットでスポーツ観戦をすることもこの趣味に含まれます。

また近年どのスポーツもファンサービスに力をいれているので、今一番熱い趣味といっても過言ではないと思います。

 

【目次】

 

スポーツ観戦の魅力・メリット

自分でスポーツをするのも楽しいですが、やはりプロのプレーは別格です。

実際にスポーツをされている方は、自分自身の能力向上のために役立つと思いますし、

実際にスポーツをされない方でも、プレーから元気や勇気をもらえたりします。

 

どのような人にスポーツ観戦をおすすめできるか?

もちろんみんなにおすすめしたいです。

ですが強いて言うならば、悩んでいる人や元気のない人におすすめです。

特に実際に試合を観戦することをおすすめします。

チケットを買うのにお金がかかりますが、画面越しで見るのと、実際に観戦するのでは全く違います。

試合会場の熱気、選手たちのはつらつとしたプレーは、日常を忘れさせてくれるので、日頃の嫌なことや、思い悩んでネガティブになっている気持ちを吹き飛ばしてくれます。

 

スポーツ観戦に必要な道具

チケットはもちろんですが、スマホを持っていくと写真撮影に便利です。

また好きなチームのグッズを買うのも良いですよね。

グッズはインターネットでも販売していますが、試合会場で買うこともできます。

 

 

 

履歴書・就職面接での書き方

趣味欄に「スポーツ観戦」を書くときのポイント

スポーツ観戦は受け身な趣味なので、履歴書に書いたり、面接で採用担当者言うこと自体は問題ないですが、主体的な趣味を別にもう1つ書いておくのがベストです。

例えば「音楽の演奏」などは主体的な趣味ですし、スポーツとも離れるのでよいかなと思います。

「スポーツ観戦」という趣味でストレスコントールをしながら、別の能動的・主体的な趣味を楽しんでいることを採用担当者にアピールしましょう。

 

スポーツ観戦を趣味にしている理由

最近は鬱病になる会社員が多いのでストレスコントロール力を持っている学生は重宝されます。

スポーツを観戦することは日頃のストレスや疲れを吹き飛ばすことができるので、ストレスコントロール力があることをアピールすれば良いと思います。

また、スポーツ観戦という趣味をきっかけにして、交友関係を広げられるという点もアピールできるとよいでしょう。

 

趣味・特技欄の書き方例文

①いやなことや、うまくいかないことがある時に私はスポーツをよく見ます。

特にプロ野球を見ることが好きで、普段はテレビで観戦しますが、時間があるときは東京ドームに足を運びます。

スポーツを見ると嫌なことを忘れることができますし、また明日頑張ろうという気持ちにさせてくれます。

 

②私は野球やサッカーやテニスまでいろいろな趣味を、実際にスタジアムまで行って観戦します。

スタジアムに行くと非日常を味わうことができ、日頃のストレスや不満から開放してくれます。

また実際にスタジアムに行くことで、年齢も職業も違う共通する趣味をもつ友人が何人もできました。

 

スポーツ観戦が趣味って実際の所どう?

スポーツ観戦が趣味の男性

The・男性という感じがします。

好きなチームや選手などが会話のきっかけになったりするので、話しかけやすいというイメージを持ちます。スポーツのジャンルにもよりますが、デートに誘いやすい雰囲気になるので、積極的にアピールするとよいでしょう。

 

スポーツ観戦が趣味の女性

最近「カープ女子」が話題になっているように野球やサッカーなどメジャーなスポーツを中心にスポーツ観戦をする女性が増えていると思います。

男性からしてみれば、一緒にスポーツを観戦することができますし、アクティブな女性だなというイメージを持ちます。

 

スポーツ観戦が趣味の人はどのように自己紹介すると良いか

特にプロ野球は好きな人はいっぱいいるので、好きなチームや選手名を言うと、会話が盛り上がるかもしれません。

またマイナーなスポーツでも、そのスポーツの良さや魅力をしっかりと説明することができれば、相手も興味を持ってくれるでしょう。

 

初心者がスポーツ観戦をするために

まずはきっかけを掴むために、スポーツニュースを見ることから始めましょう。

面白い、選手がきれい(かっこいい)などきっかけは何でも良いと思います。

 

まとめ

最近は老若男女問わず人気の趣味となっている「スポーツ観戦」は、話のきっかけになること間違いなしです。

ただ受身な趣味なため、履歴書に書くときは別の主体的な趣味を書き加えることをおすすめします。

このブログに掲載している情報は、すべて更新時点での情報になります。
最新の情報とは異なる場合があるのでご注意ください。
また、運営維持のためにPRリンクを設置させていただいております。
すべての著作物の不正利用を禁止します。

プライバシーポリシー

© 2018 趣味探し.net, ALL RIGHTS RESERVED.