趣味探し.net

趣味探しをしたい人のためのサイト。スポーツなどのアウトドアからイラストなどのインドアまで、あなたの趣向に合わせた趣味をご紹介。男女別、年代別の人気趣味ランキングも。

趣味「食べ歩き」雰囲気の良い店でコーヒーを楽しもう!

食べ歩きする女性

どこかにお出かけをした時は、皆さんはどのように過ごされていますか?グルメや食べ歩きをしている方も多いと思います。グルメや食べ歩きは旅行やお出かけの楽しみの1つですよね。今回は、その食べ歩きの楽しみ方についてご紹介します。

 

【目次】

 

食べ歩きの魅力・メリット

「食べる」ことが好きでない方はめったにいないでしょう。

お出かけ先で、店舗に入って楽しむのもとても楽しいですが、食べ歩きのメリットは何といっても「欲張りOK」ということです。あれも食べたい、これも食べたいという欲を満たしてくれるのです。

 

どんな人に食べ歩きをおすすめできるか

食べるのが好きな人

なんといっても食べる事が大好きな人です。そしてご当地のものも、少量ではあるものの、たくさんの種類を食べる事が出来るので、欲張りな人にはおすすめです。

自分一人で楽しむのもいいですし、家族や友人とワイワイやりながら一緒に楽しむのもいいですね。映画鑑賞やドライブデートのついでに食べ歩きデートもありです!

 

旅行やお出かけが好きな人

旅行やお出かけが好きな人にもおすすめです。旅行やお出かけのついでに当地のグルメを楽しむことができ、食べ歩きも一緒に趣味にしてしまうことで、一石二鳥です。

 

食べ歩きに必要な道具

食べ歩きに特別な道具は不要です。飲み食いするお金があればOKです。

しいて言うならお出かけ先のパンフレットや自分のノートがあると、2倍の楽しみができると思います。

 

 

 

履歴書・就職面接で活かすポイント

私は、今まで転職を何回もしてきました。最初の頃は、趣味の欄を記入するのに、よく困っていました。なぜなら、履歴書の趣味欄の書き方として、受ける会社に似合った趣味、面接官に好感をもってもらえるような趣味ものでないと、逆効果だという定説があったからです。

転職面接の際、趣味欄には「旅行」とだけしていました。面接時、趣味の事を聞かれました。旅行の話から発展して食べ物の話をしているうちに、温度差があったのか、引かれた様子だった事を今でも覚えています。その時は、失敗したと思っていました。

しかし、今では趣味に「食べ歩き」と書いても問題ないと思っています。もし、この話で不採用になったとしても、そこは落ち込む事ではありません。肌が合わなかったのだと思えばいいのです。

ただ、いくつかのポイントを抑えないと、相手を置いてきぼりにした、自己満足になってしまいます。これから説明するポイントと、自信をもって話さえすれば、私のような失敗をしなくても済むでしょう。

 

趣味欄に「食べ歩き」を書く時のポイント

「食べ歩き」を趣味欄に書いて自己PRにつなげるのはNGなのでしょうか。

いえ、そんなことはありません。

上記の通り、自信を持つことが大切です。しかし、面談前の履歴書をまず見て、次に面接となりますから、履歴書では第一印象をよく魅せてPRする必要があります。

書面の趣味欄に「食べ歩き」と書いていると、浅い感じがします。書き方次第では、悪い印象となります。履歴書にインパクトを与える事が大切です。大手になると何千人と履歴書をみるわけですから、普通では面白みもなく、スルーされます。

書き方として、「旅行・グルメ」「食の研究」「旅行日誌をつけること」など書くと、先方の目をひくかもしれません。

旅行会社などに就職したい時は、「旅行日誌をつける事」と書いていると、単純に「旅行・グルメ」より印象に残ります。

飲食店では「食の研究」と書いていると、面接して話をもっと聞いてみたいと思われるかもしれません。

事務職などには、あえて「旅行・グルメ」などとして控えめの方が、印象は悪くないでしょう。

応募する職種や業界に応じて、「書き方」を工夫しましょう。「自分の業界に関係ありそうだな、活かせそうだな」と面接官・採用担当者に思わせるような表現を使うのです。

 

食べ歩きを趣味にしている理由

ただ食べ歩きをしているだけでは、いざ面接で話すことになった時に、話の内容が薄くなります。趣味欄に書くためにも、何か話が深くなるような努力をした方がいいでしょう。

例えば、海外で食べ歩きをすることで、その土地の食習慣や文化を知ることができたり、旅行日誌をつけることで過去に行ったことのある土地や食べたことのあるグルメを記憶にとどめておき、友人や知人におすすめの旅行先や食べ物を紹介することができます。

知的好奇心があることや、周りの人に喜んでもらえることを率先してできる人間だということをアピールできます。

 

 

趣味・特技欄の書き方例文

 上記を踏まえて例文をあげてみましょう。

 

  • 私は、国内旅行をメインに各地に足をよく伸ばしています。その際、ご当地料理を中心に食べる事が好きになりました。九州では甘口ですが、関東の方に行くと九州より味が塩辛いという事など知っていくうちに、多くの食を食べ歩くようになりました。趣味の欄に「日誌をつける」とも書かせてもらっているのですが、この日誌をつけるというのは、旅行日誌のことで、旅先には必ず持って行っています。どんな料理があったかも分かるように写真も記録しています。また訪れたいと思った時にすぐ分かるようにしているのと、周囲の方々におすすめを聞かれた時など、すぐにわかるようにしたいからです。

 

食べ歩きが趣味って実際の所どう?

単に「趣味は食べ歩き」というだけだと、薄い感じがしますし、会話がつながりません。国内外いろんな土地のおすすめのお店・グルメについて話せるようにしておくと、周囲から一目置かれるようになるかもしれません。

 

食べ歩きが趣味の男性

男性で食べ歩きが趣味と聞いて、女性はどう感じるでしょうか。女性は、基本的には食べる事が好きな人が多いので悪い印象はないでしょう。

具体的に、「先日広島県のお好み焼きを食べに行ったのですが、お好み焼きでも味が色々あって、僕は○○店というお店が一番よかったです。値段以上のボリュームで、行列の出来るお店でした」など言うと、聞いている女性は楽しい気分になる人が多いです。食べ歩きが趣味であることを公言することで、自然な流れでランチやディナーデートに誘えるかもしれません。

 

食べ歩きが趣味の女性

女性で食べ歩きが趣味と聞いて、男性はどう感じるでしょうか。

食べることが特に好きでない男性にとっては、味にうるさそうで最初は面倒くさそう、興味ないなどとマイナスの印象からはいるかもしれません。

食べることが好きな男性にとっては好印象で、色んな所に一緒に食べ歩きに行けそうという印象を与えます。「一緒にご飯を食べたい、食べ歩きしたい」と思ってもらえると、ぐっと距離が縮まります。食べることが好きな男性と近づきたい場合は食べ歩きが趣味であることを積極的にアピールしてみるとよいでしょう。

 

就職面接では、食べ歩きを押すことより、食べ歩く事になった理由や、食べ歩くことで、新しい価値観が生まれた・新たに○○に挑戦もし始めたなど、言い方を変えた方がいいでしょう。

 

食べ歩きが趣味の人はどのように自己紹介をすると良いか

婚活パーティーや合コンなどで食べ歩きの趣味をどのように伝えたら好印象でしょうか。それは男性と女性で大きく変わると思います。

 

男性が女性に話すときは、「長崎県の中華街行った事ありますか?あそこの○○が本当に美味しいです」など具体的にあげて、女性も食べ歩きが好きであれば、「私もあります」などと話に乗ってくれると思います。そしたらまずは賛同したあとに「東京の~」などと言っているうちに「実は、結構食べ歩くのが好きで~」という流れに持って行くことがよいでしょう。ただし注意点としては、女性側にも沢山お話をふりながらトークは進めていく方がいいでしょう。

 

女性が男性に話すときは、「〇年前から、〇〇がきっかけで、色んなところに出向いてはご当地料理などを中心に食べ歩いています」と冒頭にいれると、男性はただ「食べ歩きがすきなんです」と入られるより耳を傾けてくれます。「好きなご当地料理などありますか?」などと言って「お好み焼き」ともし言った時、「広島のですか?あそこはとても良い町ですよね」など食べ歩きというものにガッツリと入らない方が良いと思います。お好み焼きといっても広島県についても色々知っているのだなと好印象になるでしょう。

 

初心者が食べ歩きを始めるためには

食べ歩きという趣味に身構える必要もなく、初心者でも「食」に興味がある人なら、十分その日からでもなれます。

ただ、趣味と言いたいのであれば、ただただ食べるだけでなく、プラスワンの趣味を持つと印象は良いでしょう。

 

まとめ

食べ歩きといっても難しく考える必要はありません。趣味欄に自信をもって書いても良いと思います。話が薄くならないようにするためには、何か目的をもってする方がいいでしょう。「ただ食べるだけでなく、その食べ物が食べられるようになった背景・歴史も合わせて勉強する」等、熱意や思いなども伝えられるようにしておくとよいでしょう。

 

関連Youtube動画

このブログに掲載している情報は、すべて更新時点での情報になります。
最新の情報とは異なる場合があるのでご注意ください。
また、運営維持のためにPRリンクを設置させていただいております。
すべての著作物の不正利用を禁止します。

プライバシーポリシー

© 2018 趣味探し.net, ALL RIGHTS RESERVED.